現在位置:トップページ > 最新情報

最新情報

最新情報

本館は、湖北省襄陽市のワンダプラザで大きな恐竜の化石展を開催した

発表時間:2011年12月05日

2011年11月26日、招待状によって、湖北省襄陽市のワンダプラザで大きな恐竜化石展示を本館が順調に開催した。

この展覧会は一ヶ月で、一本のマメンチサウルス(Mamenchisaurus jingyanensis)、一本のトゥオジャンゴサウルス (Tuojiangosaurus )、一本の幼年期のアロサウルス(Allosaurus)と一本のデイノニクス(Deinonychus)を展示する。

マメンチサウルスは身長が26メートルで、化石の保存率が85%以上、アジアでの最長と最も完全な恐竜だ。こんな恐竜は1億4000万年前のジュラ紀後期に生息していた中国のユニークな恐竜タイプです。この化石は米国、イタリア、オランダ、オーストラリア、または、中国の香港に展示されたことがある。以上の展示にこの化石は、センセーションを起こした。襄陽市の展示が本館のアロサウルスとデイノニクスにとっては最初の展示だ。

襄陽市に巨大な恐竜の化石が展示してあり、人々は当時の恐竜の大きさや迫力を知ることになる。展示の発会式に、地方政府の指導者や著名な実業家が出席した。


/upload/image/2016/01/20111129162106839.jpg


/upload/image/2016/01/20111129162149271.jpg      /upload/image/2016/01/20111129162207170.jpg

Copyright ? 2018 Beijing Museum of Natural History
All rights reserved

XML 地图 | Sitemap 地图