現在位置:トップページ > 展示> 古爬虫類展示室

古爬虫類展示室

古爬虫類展示室が観衆に二億年前の生物界の景観を表すし、肉鰭綱、イクチオステガ (Ichthyostega)、アシナシイモリ(caecilian)またはディメトロドンが代表をして、脊椎動物が水域から陸地に複雑な進化過程を示して表されます。展示室の中心に実物そっくりな恐竜骨格のグループを展示して、たとえば、中国人が最初に発見したルーフェンゴサウルス(Lufengosaurus)、身長が26メートルのマメンチサウルス(Mamenchisaurus)、暴君的なティラノサウルス(Tyrannosaurus)、小さくて精巧であるデイノニクス(Deinonychus)、肩におおい棘のあるトゥオジャンゴサウルス (Tuojiangosaurus )、畏敬の念を起こさせるヤンチュアノサウルス (Yangchuanosaurus)、空を飛んでいる翼竜、または海洋にに霸をとなえる魚竜(イクチオサウルス)がある。マルチメディアコンピュータで観衆が元の埋葬の状態の恐竜を楽しめ、化石捜索機械で古生物学者が恐竜化石を掘りの苦難と楽しさを経験でき、模擬の地層実演で地球の主要な地質学的過程を体験できる。

Copyright ? 2018 Beijing Museum of Natural History
All rights reserved

XML 地图 | Sitemap 地图